タイトルロゴ

乗鞍スカイラインをアプローチに
猫岳を日帰りしようという試みです。
1/13  猫岳トライ1
まずまずの天気、R158より乗鞍スカイラインを目指します。平湯峠までは坦々とした林道歩き。かなり気温が低く、雪の結晶が壊れずにいたからでしょうか? 新しく積もった雪がキラキラ光りとてもきれいでした。すぐにでもシールをはずして滑り出したくなります。
平湯峠から乗スカをしばらく辿り1750m付近で左山に取り付きました。尾根にはい上がろうとするものの木立が密ではかどらず一旦降ることになり、時間をロスすることになってしまいました。そのまま乗スカをしばらく辿ると、1780m付近の大きな右カーブに前日(?)のトレースがあり、自分たちが少し勇み足だったことを知りました。
笠ヶ岳
笠ヶ岳
猫の小屋(2200m)
猫の小屋
2280m付近のパウダー
オスバチ
この日は2300m付近で時間切れとなり下山することにしましたが、なかなかのパウダー。R158までフワフワの新雪を楽しむ事が出来ました。
猫岳のピークは取れなかったものの取り付き点など確認でき、偵察山行として意味のあるものになりました。
「次はきっと猫のピークをとってやろう!」
と思うのでした。      

大崩山ピークより間近に猫岳を見る
大崩山トップ
1/19  2度目の猫岳トライ。

この日はいまひとつの天気、ドンドン悪くなってきそうです。1/13日の偵察もあり順調に高度を上げていきましたが、やはりこの日も時間切れ。しかしながら大崩山のピークを取る事ができ、猫岳にあと一歩のところまで迫りました。
次回の成功を確かなものに感じます。そして意外な収穫としては、この時期の大崩山がすばらしいパウダー斜面を持っている事です。   

やはり午後から雪降りとなり快適なスキーではありませんが、天気が悪かった分雪は変化せず、とても気持ちの良い滑りが出来ました。前回同様、R158までノンストップです。
大崩山Topより滑降開始
大崩山Topより滑降開始
乗鞍岳は3000m級の山ですが、厳冬期にもアプローチが良く、状況によっては日帰りでもピークをとる事が出来ます。
(もちベリーベリー・ハードです。)
まだまだこの時期でも楽しめるコースがありそうで、ぜんぜん乗鞍を知らなかったことを痛感しました。3回目のトライには必ず猫岳のピークをとってやるつもりです。
skier. Osu-Bati
オスバチskiing
skier. Mesu-Bati
メスバチskiing
やまであいましょう。テレマーク トップ