5/4
今日は岳谷にトライします。
「いつの日にか」と思っていた憧れのコースです。

下降地点がかなり離れている為、下山後の「足」が必要です。野麦集落に「交通の便」などというものを期待することは出来ず、自前の車をデポするしかありません。日帰りといえども山中の行動時間は長く、下山してからも周回にかなりの時間が必要です。
信頼できる仲間とある程度の条件が揃わなければ、
「長く厳しい一日」になることでしょう。
      (それはそれで良いのですが、・・・)

今回は、でき過ぎなくらいに準備が整いました。

・前日に車のデポ完了。

・全員(3人)のstep soul skiへの統一。
  (今回FISCHER - Rebound crown をデビュー
   させましたが、とても扱いやすいものでした。)

・GPS(長い滑降コースに初見でトライする今回は、とても頼りになる武器です。 Osu-Batiに感謝!)
でも、なんでmac対応が無いわけ? まだ言ってる!

・多雪

そして何よりもガチガチの好天。

予想外の事がなければ、何とか成功しそうです。
後は、私が「足手まとい」にならなければ・・・?

map by Osu-Bati
PM.0:50
 剣ヶ峰-高天ヶ原のコル着。
昨日同様、三本滝から位ヶ原を経て登り詰めました。私はここから岳谷に滑り込むつもりでいましたが、「せっかくだから。」と、大日岳のピークからスタートすることになりもうひと頑張りしなければなりません。「足手まといにならぬよう。」と思うのですが、重い身体がいうことをきかず、みるゝ離されてしまいました。今日もまたガマンです。
大日岳ピーク直下が凍っており、異常に緊張する自分を情けなく思いました。
大日岳直下のOsu & Mesu-Bati(大日-剣ヶ峰のコルより)
大日岳頂上よりの剣ヶ峰(3026.3m)とその向こうに穂高の山並み photo by Osu-bati
PM.1:30 大日岳頂上(3014m)着。
何度もこのピークに立っていますが、
とりわけ今日の眺めは綺麗です。
雪がタップリあるせいか、どの山々も白く光っていました。岳谷方面も良く見えていて、これから始まるダウンヒルが素晴らしいものになることを、この好天が約束しています。

何がどうという訳ではないのですが、
やはり「きちんと頂上を踏む」ということは大切なことなのでしょう。
大事な行動をいい加減な体勢のまま始めてはいけないのです。(大げさ)

御嶽が今日も綺麗です。大日頂上のOsu & Mesu-Bati

PM.2:00 岳谷滑降開始。

御嶽を間近に見てダウンヒルのスタートです。二回ほどターンすると一気に角度を増し、35度オーバーの一枚バーンが現われます。ピーカン二日目の今日、南向きのこの斜面は、さすがに「やや重」のコンディションです。 フラットで広いため何とかなりますが、ひと息に滑り降りることは相当な脚力の持ち主でなければ無理です。古くさい卍フォームの私には「夢のまた夢」です。

skier. Mesu-Bati
PM.2:25 2750m小台地着。

スタートのビッグバーンを滑り降り、少し落ち着いてきました。大日岳頂上からも確認出来たのですが、どうも先行者がいたようです。それも日帰りで野麦方面からピストンしたようです。登りは勿論、スキーの腕前も大したものです。彼のシュプールは、コンパスで小さな半円を連続させたように細かく規則正しく、そして私が二回休みを入れなければならなかった距離を、一気に滑り降りていました。すごい人です。今までこんなに綺麗なシュプールを見たことはありません。

skier. Mesu-Bati
謎の先行者は所々に赤旗を刺していました。
ひとりでこのロングコースに挑み、きちんと目印を置いて行動していたり、彼(?)の山に対する誠実さを感じます。

これより私達は、彼のトレースを追いかけることになります。

2750m小台地から振り返る大日岳(左)と剣ヶ峰 photo by Osu-bati
足がパンパンになって立ち止まる度に御嶽が大きく見えています。
その大きさを写真で表現できないのが何とも残念です。

是非岳谷へ見に行って下さい!

Osu-Bati & Mt. ONTAKE
PM. 2:35 2600m小台地着。
skier. Mesubati (2600m小台地) photo by Osubati
素晴らしい斜面は
    マダマダ続きました。

いい角度の広くフラットなピステが、野麦まで続いているような錯覚にとらわれます。たとえば八方尾根リーゼンスラロームが岳谷に在るようなものです。
岳谷がこれほど豪快なコースだとは想像していませんでした。
「一見の価値オオアリです!」

2450m付近 skier. Mesu-Bati

PM.2:50
 2350m(?) Tree Runスタート。
無木立の豪快なスラロームコースはついに終了しました。標高差約700m、1時間弱のダウンヒルでした。この数字の倍のスケールがあったように思います。

ここからの林間滑降は、昨日に比べ木立密度はかなり濃いものでした。そして、誰のものか分かりませんが、スキーのトレースに混じってスノー・シューの足跡も見つけることができました。

見通しは全く利かず、Osu-BatiのGPSが頼りです。足跡はどうやら登山道どおりにトレースされ、岳谷に落ち込まないぐらいの尾根端に沿って続いていました。視界の悪い木立の下りで不安でしたが、「なるほど」と、うなずけるトレースです。

Tree Runスタート。 skier. Mesu-Bati
PM.3:55 1778m標高点着。
1時間ほど煩わしい木立の中をさまよい、
ヒョッコリ小さな広場に飛び出しました。
足下に見覚えのあるグリーンのプラスティックボードを見つけました。
ここは以前MTBで来たところです。
現在地が確認できホッと一安心できました。

そしてこの下に素敵な景色が待っていました。

1778mの道標とOsu & Mesu-Bati
    赤枠内Osu-Bati's picture
photo by Osu-Bati
素晴らしい
   白樺林です。
以前MTBで来た時は、
「こんなところに!」と、驚いたほどです。
大日岳方面(上)と、

    目指す野麦方面

(1700m白樺台地より)

この1700m白樺台地からやや複雑な(?)地形を行くようになります。ゆるい起伏に小さな沢が入ってきました。どこへ滑って行っても行けそうですが、やはり出来るだけ良いところを行きたいものです。細い流れをひとつまたいだ所で先行者のトレースを見つけ、再び私達は導かれました。やはり登山道どおりに行動しています。
PM.4:30 1550m地点スキー終了。

スキーを外すことが寂しくなります。
あの濃密なtree runも今はなごり惜しく、その煩わしさもすっかり忘れてしまいました。

スキーを担ぐと、すぐ下に林道が上がってきていました。この辺りの白樺はその樹液を採取しているのでしょうか、幹に一斗缶が縛り付けられていました。
私達は林道を行くのではなく、このまま登山道を行くことにしました。
少しでも長く山にいたかったのです。
振り返ると、乗鞍がまだ白く輝いています。「あんなところから良く来たものだ・・・。」と、しみじみ思います。
1530m付近より振り返り見る乗鞍。 Osu & Mesu-Bati
心地よい疲れにつつまれて、スキーを背にゆっくりくだっていきます。
少し道を間違えたようで、最後は身の丈ほどの熊笹ダウンヒルになりました。

       でき過ぎた一日に、これぐらいは御愛敬です。

PM.5:30 野麦集落駐車場着。
デポ車を回収し、
PM.7:30乗鞍の宿に帰着。
フィニッシュは熊笹ダウンヒル skier. Osu & Mesu-Bati
5/5 屋根坂滑降の記録へ