横山岳で出合った「ごーや」さんに刺激され、ステップソウル・スキーで遊びたくなりました。横山岳に続き、江越国境の上谷山に決定。Webの調べでは、「江越国境稜線はステップソールのためにあるようなもの!」とのこと。期待できます。
北陸道今庄ICで高速を降り広野ダムを目指します。日野川沿いの県道231の道端にはまだ1m以上の積雪があり、今さらながらこの冬の異常降雪に驚きました。
AM . 8 : 00 広野浄水場下駐車地点出発。
浄水場入り口そばのやや広くなった所に路駐し、手倉山尾根末端に取り付きました。
今日はガチガチの晴れ、ただ放射冷却でキンキンに冷え込みました。浄水場への坂道は凍っており、歩き出しから気が抜けません。浄水場からスキーを履き尾根に取り付きました。予想はしていたものの、やっぱりカチコチ。滑り出す頃には緩んでいてくれるのでしょうか?
さて、この「上谷山」の呼び方ですが、岐阜の岳人がこの山名を見ると、徳山ダム近くの「うえんたにやま」を思い浮かべるのですが、Webでは「うえたんやま」「うえすたんやま」とか?
何か聞いて帰ろうと思います。
取り付きは凍っているもののヤブが少なく総じて登り易い尾根です。

AM . 9 : 20 726m標高点着。

登って行くにつれうっすら新雪が出だし、立木の枝々が霧氷に、そして樹氷になっていきました。
ドンドンきれいになっていきます。
1、2cmしかありませんが、
今シーズン初の新雪。
やはり気持ちが良いい。

先が長く、
あまりユック出来ないのですが、
この美しさに
何度も足止めされてしまいます。

まあ、今日はガチガチの晴れ。
横山岳ではケイレン地獄だったので、
焦らず行くことにします。

AM . 10 : 45
手倉山頂上着。(1037.1m)
目指す上谷山が見えてきました。
まだまだ遠くにあります。
県境稜線まで、しばらく広く
緩い尾根を行くことになりました。
県境直下の樹氷林。満開の桜のようです。
県境稜線に出ると、これから登って行く西方以外の視界が開けました。
予定下山ルートである橋立尾根やその向こうの通称送電線尾根、そして宇津尾谷左岸尾根が良く見えます。
どの尾根も緩くなだらかでテレマーク向きです。
頂上への最後の登りになりました。もちろん氷化していて緊張の極みです。
へたに雪が付いておらず、返って良かったのかもしれません。
PM . 0 : 00 上谷山頂上着。(1196.7m)
まさに絶頂。遮るものはありません。
西方の栃ノ木峠へなだらかな稜線が続いています。
南には先日の横山岳、遠く向こうには金糞岳、
そして、三国岳、三周ヶ岳、美濃俣丸の越美国境の山々が、
「イラッシャ〜イ」と呼んでいます。
「また今度・・・。」
丁寧にお断わりしてラーメン休憩にします。
無風快晴。どうやら今日は私一人の上谷山頂上。こんな山日和なのにね。

南越前町側から国境稜線にいくつもなだらかな尾根が延びており、
アルバイトの大小を別にすれば、いくらでもバリエイションが考えられます。

PM . 0 : 40 下山開始。
待望のダウンヒルですが、登りで心配したようにカッチカチのまま。
今日この氷の斜面を滑ることが出来るとすれば、真央ちゃん意外には考えられません。
私は真央ちゃんを応援しています。
ナンノコッチャ?

ズルズル横滑りでなんとか1082m標高点(橋立尾根への下降点)にたどり着きました。
雪の状態が良ければ、とても楽しい斜面だと思われ残念です。

橋立尾根に入っていくと少しだけ雪の状態が良くなり、刹那的にターンを楽しみます。
ただ殆どは安全策のキックターンと、イチカバチカの直滑降。
テレマークターンは殆ど無し! 手強い下りでした。

最後、尾根末端近くからは煩わしい植林急斜面の下りに。折れ枝イッパイ! トホホ・・・。
這々の体で滝ヶ谷の流に降り立ちました。

PM . 2 : 30 橋立集落着。
滝ヶ谷に架かっていた小さな橋を渡り、県道231を徒歩で車まで戻りました。

PM . 2 : 45 駐車地点帰着。
とても良いコースでした。
ただ、雪の条件が良くなければ相当の技量が必要。
私はバテバテ。ケガしなかったのが不思議なくらいです。

帰り支度をしているところに広野の中年夫婦が散歩で通りかかり、少し話しをすることが出来ました。
山名の呼び方を尋ねると、「そのままウエタニヤマだと思う・・・?」とのこと。
集落ごとの、年代ごとの呼び方、色々あるようです。